サイエンスカフェ水戸

cafemito.exblog.jp

茨城県水戸市のサイエンスカフェです

ブログトップ
今回のサイエンスカフェ水戸は、「法と科学の哲学カフェ」です。

ちらしにも「全国各地で開催」とありますが、そのあたりをもう少し詳しくご紹介しましょう。

今回のサイエンスカフェの共催は、JST-RISTEX「不確実な科学的状況での法的意思決定」プロジェクト 
です。

詳しいことはリンク先にありますとおりです。法律と科学は、関係ないようでいて、実は両方のことを知らないとどうにもならないことが、けっこうあるのです。プロジェクトのサイトの冒頭の文章にもある、

「環境問題など科学技術そのものに関する訴訟、医療事故やえん罪事件など科学技術による証拠が問題となる訴訟」

を見て、「アレもそうなのでは」と、何かしらの例(ニュースで見たことだったり、身近な問題だったりするもの)が浮かぶのではないでしょうか。

プロジェクトでは、専門家による研究だけでなく、2010年から「法と科学の哲学カフェ」として、サイエンスカフェも継続して開いてきました。下にちょっとまとめてみましょう。抽象的なタイトルもありますが、思いつくようなことが話されてきたところもあるでしょうか。

2010.12.19(東京)法と科学の哲学カフェ「合理性の衝突」
2011.12.2(京都)法哲学若手漫談「たかじんのScience at the Bar」
2012.3.30(東京)科学論の「第三の波」と法哲学
2012.4.22(千葉)震災後の科学コミュニケーションにみる「事実」と「価値」
2012.6.10(大分)科学は安全を保証するか、法は安全を保証するか
2012.8.26(東京)国際シンポジウム「科学の不定性と社会~いま,法廷では..?~」アフターカフェ
2012.10.07(千葉)千葉県の工業地帯とそれを取り巻く環境

2012.12.3(仙台)災害、プライバシー、法
2013.2.2(つくば)法と医療の不確実性
2013.2.16(札幌)正義,科学,そして幸福について

詳しい告知や報告などは、こちらの終了したイベントにまとまっております。

プロジェクトのメンバーが所属する常磐大学があるのが、水戸市です。メンバーから、「常磐大学のある水戸でやらないというのは、ありえないでしょう?」みたいな話を受けたのが昨年の夏前頃だったでしょうか…。

何だかんだありつつ、ようやく3月の開催日を設定することができました。

水戸のテーマは、「震災後」です。あまり具体的ではないかもしれませんが、震災後に出てきた気になること、
「科学なら答えが出るのではないか」
「法でなんとかならんものか」
と、同じ物事について思っていたりはしないでしょうか?

サイエンスカフェ当日は、是非、そのようなお話を、私たちにお聞かせください。

まだまだ、お申し込みをお待ちしております。
[PR]
# by cafesci_mito | 2013-02-19 18:14 | 第3回 法と科学

第3回のお菓子は…

3/2(土)の法と科学の哲学カフェin水戸
「震災後のあれこれ、科学や法でどうにかできる?」

サイエンスカフェ水戸は、これまでカフェであるお店で開催させていただいておりましたが(アゴラではハチバスさんを呼んじゃいましたけど、そこもこだわり)、今回はまちなか情報交流センター、ということで、お菓子を地元の洋菓子店にお願いすることにいたしました。

そのお願いした先は、水戸駅の南側、下市地区にあります

やきたてもぐもぐのおかしやさん

です! 水戸の街づくり、商店街等について話し合う場にて、マスターと知り合うことができました。

お店の公式サイトに詳しいことはみ〜んな書いてあるのですが。お店に入りますと、

e0202751_21591577.jpg


こーんな感じに、おいしそうなケーキや焼き菓子が並んでおります。

その中でもこのお店の一押しといえば、こちら、

e0202751_220247.jpg


つぎとまりますクッキー、でしょう。

そして、最近では、水戸を代表するお菓子、吉原殿中を、チョコレートでコーティングしたものも発売され、周囲ではちょっとした話題になっております。吉原殿中は、駅のお土産売り場をはじめ、どこでも売っています。けど、それをアレンジしたお菓子は今までほとんどなかったらしいですから、これは食べてみないといけません!

e0202751_2221921.jpg


名前はまだちゃんとは決まってないそうで、とりあえず「ちょこD(仮)」としておきましょうか。

お店にてマスターとご相談させていただきました結果、つぎとまりますクッキーと、ちょこD(仮)のミニを用意していただけることになりました。わーい!

サイエンスカフェ水戸。自信を持ってオススメできるお菓子でございます。

このお菓子をつまみながら、

「法と科学って実は、けっこう関係あるよね〜。例えば、あれとか…」

って話を、聞いてはみませんか?(もちろん例えばをみなさんから出してもらっても)

みなさまのご参加をお待ちしております。
[PR]
# by cafesci_mito | 2013-02-16 22:10 | 第3回 法と科学
第3回サイエンスカフェ水戸
法と科学の哲学カフェin水戸
「震災後のあれこれ、科学や法でどうにかできる?」

日時:2013年3月2日(土) 15:00-17:00
場所:まちなか情報交流センター
   水戸市南町2-6-12 三栄ビル1F
   (アクセスは、こちら
ゲスト(順不同、敬称略):
   吉良貴之(常磐大学、法哲学)
   蓮井誠一郎(茨城大学、「やっかいな放射線と向き合う」茨城大有志の会)

参加費:350円(飲み物、お菓子代)
定員:20名

申し込み:参加希望される方は、タイトルに「サイエンスカフェ参加希望」とお書きの上、お名前と参加人数をメールでお申し込みください。
cafesci_mito(アットマーク)excite.co.jp

または、こくちーずのサイト
http://kokucheese.com/event/index/76762/
からのお申し込みも可能です。

主催:サイエンスカフェ水戸(代表 尾林彩乃)
共催:JST-RISTEX「不確実な科学的状況での法的意思決定」プロジェクト


  震災から2年。水戸市でも、いろいろな問題が浮かび上がってきました。


  地震、放射能、壊れてしまった建物、跡地利用や街づくり…。

  そういった問題に、科学や法は何ができるでしょうか?
  なんとかできるなら、みな協力してやりたいですよね。

    「やっかいな放射線と向き合う」蓮井さんの活動の苦労に、
    法と正義の研究者、吉良さんがアドバイス?

  みなさんともご一緒に、法と科学について語り合ってみたいと思います。
  ご参加をお待ちしております。

--------------------


ようやく次のサイエンスカフェのご案内まで、こぎつけました。

これまで、JST-RISTEX「不確実な科学的状況での法的意思決定」プロジェクト 
が関係する、

「法と科学の哲学カフェ」

というシリーズのサイエンスカフェが、全国各地で開かれてきました。直近では、2/2につくばにて開かれ、また、今後、2/16に札幌での予定があります。

このプロジェクトメンバーでもあり、「法と科学の哲学カフェ」シリーズでは毎回のように登壇されている方が、水戸市にあります常磐大学の方なのです。

ならば水戸でもやりましょう、という話をサイエンスカフェ水戸メンバーと何ヶ月してきたことか…。

「法と科学」。

関係ないようでいて、実は関係があるらしいこの2つ。震災後の気になること、いろいろと例に出しながら、お話してみませんか?

詳しい内容については、随時このブログでご紹介してゆきますので、よろしくお願いいたします。

この日は、水戸の梅まつり期間中でもあります。みなさまのご参加をお待ちしております。
[PR]
# by cafesci_mito | 2013-02-04 23:00 | 第3回 法と科学
11/10(土)、サイエンスアゴラ2012会場にての、サイエンスカフェ水戸の企画を、無事に終えることができました。

e0202751_15593317.jpg


10日朝のサイエンスアゴラ開場から、ちらしも配布もいたしました。参加者数はあまり伸びなかったのですが、茨城県北ジオパークについて、いろいろな意見をお聞きすることができました。

観光やその他で訪れるにしても、茨城県の認知度はやはり低かったです。例えば、

・出張で水戸に来た(でもすぐに帰っちゃう&帰れちゃう)
・温泉を探して行ってみたら、たまたまそこが袋田の滝のところだった

などです。茨城の良さを知ってアピールしている身としては、つい「もったいない!」と言いそうになってしまいますが、そのような感じなのかもしれません。

お話の中で出た意見などをいくつかご紹介します。

・(第1回の水戸でのサイエンスカフェでも出ましたが)名前がわかりにくい!
→ では、何をアピールしたら良いか?
→ 5億年前のが見られるのは茨城だけ!
→ ポスターにも「5億年」の文字の方を大きく書いてみている!

・中核となる施設が欲しい(情報でも、人でも)。現在、大学が先頭でがんばっているなら、大学に(よって)作れないものだろうか?

・子どもに、茨城や地質の魅力を伝えるような活動はできないのか? 子どもから大人への波及効果もあるだろう

ゲストに学生さんをお迎えしたので、「学生がこのような活動することについて、どうなのか?」といった厳しい(?)ツッコミも出ましたが、ハチビスをいただきながら、和やかに進めることができました。


また、今回のサイエンスカフェとは別に、未来館1階の横串フィールドにサイエンスカフェ水戸のこれまでの活動をポスターで展示いたしました。震災を挟んで、前後の活動の変わり様なども見ていただけたかと思います。

さらに、サイエンスカフェのやり方として、お菓子や飲み物にちゃんとこだわり、お店を現地まで呼んでしまうという形を、サイエンスアゴラにて提示することができました。ご協力いただきましたハチバスきくやさんと、今回の提案を受け入れてくださいましたサイエンスアゴラ事務局のみなさま、および、ゲストのお二人に、改めて、感謝申し上げます。ありがとうございました。
[PR]
# by cafesci_mito | 2012-11-21 15:57 | サイエンスアゴラ2012
日時:2012年11月10日(土) 15:30-17:00
場所:日本科学未来館7階 交流サロン
   東京都江東区青海2-3-6 (交通案内はこちら
ゲスト:茨城大学地質情報活用プロジェクトより
     小畑大樹さん(茨城大学 修士2年)
     澤畑優理恵さん(茨城大学 4年)

参加費:350円(予定)
定員:20名(定員を超えた場合は、立ち見になります)

※定員20名とは、開場の座席数です。お菓子、飲み物代の実費負担をお願いいたします。それ以上の方は、立ち見となります。その場合、お菓子のご用意はありませんので、参加費無料となります。

申し込み:参加希望される方は、タイトルに「サイエンスカフェ参加希望」とお書きの上、お名前と参加人数をメールでお申し込みください。
cafesci_mito(アットマーク)excite.co.jp

主催:サイエンスカフェ水戸(代表 尾林彩乃)
協力:茨城県北ジオパーク推進委員会
   みつばちきくや(茨城県那珂市)
ブログ:http://cafemito.excite.jp/

サイエンスアゴラ公式サイト内の案内はこちら
[PR]
# by cafesci_mito | 2012-11-10 15:30 | サイエンスアゴラ2012