サイエンスカフェ水戸

cafemito.exblog.jp

茨城県水戸市のサイエンスカフェです

ブログトップ
開催日が近いですが、サイエンスカフェ水戸としてイベントに参加することになりました。
お知らせいたします。

----------


第4回サイエンスカフェ水戸 @夏なのにBeLLY BUTTON文化祭 vol.3

日時:2013年9月8日(日)
   第1部 11時半〜
   第2部 14時半〜
   どちらも約30分間
場所:BeLLy BuTTON(ベリーボタン)
http://ameblo.jp/kazue-s/
   水戸市五軒町3-3-69(大成女子高校北側)

話題提供:尾林彩乃(サイエンスカフェ水戸、元西はりま天文台嘱託研究員)
テーマ:第1部「夏から秋の星座のお話」
    第2部「水戸と天文(仮)」

参加費:200円(お菓子つき)
申し込み:不要(お部屋に入れるのは20名程度)

問い合わせ先
サイエンスカフェ水戸
cafesci_mito(アットマーク)excite.co.jp
または
ベリーボタン 029-226-2328
(不定休・営業時間13:00〜19:00)


このイベントは、9/7(土)、8(日)に開かれます、「夏なのにBeLLY BUTTON文化祭 vol.3」のイベントの1つとして行われます。
イベント全体については、ベリーボタンのブログなどをご覧ください。


内容
第1部
 今の時期に見える、夏から秋にかけての星のお話をいたします。
第2部
 とかく、歴史や芸術がクローズアップされがちな水戸ですが、
 水戸(や茨城)でも、天文学の研究が行われています。
 その一部をご紹介したいと思います。


----------


2部構成、どちらも短いですが(片方だけの参加ももちろんOKです)、参加者のみなさんとお話ができれば、と思っております。

イベント全体では、お店本来の雑貨販売の他、カレーやドリンクの販売、サイエンスカフェだけではないその他のイベントもあります。サイエンスカフェの前後も、会場でお楽しみいただけます。
[PR]
# by cafesci_mito | 2013-08-30 08:31 | 第4回 ベリーボタン

第3回 ご報告

3/2(土)、無事に、第3回サイエンスカフェ水戸、法と科学の哲学カフェ「震災後のあれこれ、科学や法でどうにかできる?」を行うことができました。

e0202751_1314714.jpg


参加された方は12名でした。

開催日の数日前に、朝日新聞に記事にしていただいたこと、それから、前日に茨城放送(ラジオ)でサイエンスカフェがあることを情報コーナーでご紹介いただきましたことで、水戸市ではない方、サイエンスカフェや私(尾林)とこれまでつながりがなかった方にも、参加していただけました。

はじめに、参加されたみなさんがこのテーマの中で特にどのようなことに関心があるか、などを聞かせていただきました。やはり、「やっかいな放射線と向き合う」の蓮井さんをゲストにお迎えしたこともあり、放射能問題について聞いてみたい方が何人かいらっしゃいました。一方で、
「『○○カフェ』というものに参加してみたかった!」
という、専門家を交えて対話するイベントへの興味が理由の方も、何名かいらっしゃいました。

続いて、ゲストの吉良さんと、蓮井さんの、自己紹介を含む問題提起のお話がありました。吉良さんのスライドは公開されております(こちら)。

その後は、質問や感想などの時間となりました。

震災と原発事故からもうすぐ2年となりますが、福島第一原発からの放射能がやってきてしまった茨城に住み続けるにあたって、どのようにリスクをとらえ、合意形成して物事を進めてゆくかというのは、科学と法と、もちろん政治、そして個人の考え方もからんで、難しい問題です。が、どの分野についてもよく知った上で(あるいは知っている人と協力して)進めてゆかなければならい、ということを、みなさん感じたことと思います。

今回、水戸でも(その他でも)イベントの多い日に開催したことで、
「参加したかったけど今回は無理だった」
という声もいくつか聞きました。テーマが「法哲学」でも「放射能問題」でも、また、みなさんとお話ができる機会を持てるように、スタッフ側も続けてゆきたいとも感じました。

ご協力いただきました、まちなか情報交流センターのみなさま、コーヒーをお願いさせていただいたマルニコーヒーさん、そして、お菓子をご用意いただきましたやきたてもぐもぐのおかしやさんさん、そして、情報拡散にご協力いただきましたみなさま、ありがとうございました。

e0202751_13343347.jpg


ちょこD(仮)は、サクラのプリントつきでした。
[PR]
# by cafesci_mito | 2013-03-07 13:41 | 第3回 法と科学
日時:2013年3月2日(土) 15:00-17:00
場所:まちなか情報交流センター(水戸市南町2-6-12 三栄ビル1F)
テーマ:「震災後のあれこれ、科学や法でどうにかできる?」
ゲスト:蓮井誠一郎(茨城大学、「やっかいな放射線と向き合う」茨城大有志の会)
    吉良貴之(常磐大学、法哲学)

今回は、全国各地で開催されている「法と科学の哲学カフェ」シリーズの1つでもあります。

お申し込みは、
cafesci_mito(アットマーク)excite.co.jp
または、
http://kokucheese.com/event/index/76762/
まで(定員20名)。

ご案内の記事はこちらです。
http://cafemito.exblog.jp/19740729/

e0202751_158144.jpg

[PR]
# by cafesci_mito | 2013-03-02 15:00 | 第3回 法と科学

3/2、水戸のイベント紹介

サイエンスカフェ水戸、法と科学の哲学カフェ。
http://cafemito.exblog.jp/19771639/
開催まで1週間を切りました。

参加申し込みされた方の数ですが、こくちーずのサイトにあります数が、ほぼ正しい数です。
http://kokucheese.com/event/index/76762/
メールでお申し込みいただいた方も、あちらにカウントしておりますので、ご安心ください。



さて。

この日は、水戸でも様々なイベントが開かれておりますので、そちらをご紹介しましょう。

まずは何と言っても、水戸の梅まつりです。

2月末現在、寒い日が続くせいで咲いている梅の本数は5%程度だそうですが(こちらの情報)、それでも、十分に花を楽しむことができます。また、偕楽園だけではなくて、水戸駅近くの、水戸藩の藩校の弘道館にもたくさんの梅の木があります。


そして、3/2の夜は、偕楽園にて、夜梅祭が開かれます。ライトアップされた梅も幻想的です。また、園内では様々な催しがあります。夜の花火も見事ですよ。


さらに、この夜梅祭に合わせて開催となりましたのが、水戸バーバルバールです。いわゆる、街の飲み歩きイベントです。通常開催とは違って泉町、大工町の限定開催になりますが、それでも60店舗以上が参加とのこと。



実は、サイエンスカフェの後のアフターカフェは、この水戸バーバルバール参加店に行ってみたいと思っております。参加される方は、サイエンスカフェ終了後につのる予定でおります。


日中の話に戻りますが。

3/1,2,3の3日間、サイエンスカフェ会場である南町のまちなか情報交流センターも協力して、三店ものがたりが開催されます。コーヒー店から雑貨店まで。個性豊かなお店がそろっています。3つの店舗をまわってスタンプを押してもらうと、プレゼントがもらえます。

中でも、水戸雑貨商店街vol.2は、空き店舗を利用してのこの期間だけの開催。1つのフロアにお店もたくさん並ぶようです。


こんな感じで、サイエンスカフェの前も後も、水戸はイベント盛りだくさん。一日楽しめます! 遠くからご参加の方も、地元の方も、(どちらがついででも良いですが)水戸のイベントを楽しんでいただけたら、と思います。
[PR]
# by cafesci_mito | 2013-02-26 13:11 | 第3回 法と科学
今回のサイエンスカフェ水戸は、「法と科学の哲学カフェ」です。

ちらしにも「全国各地で開催」とありますが、そのあたりをもう少し詳しくご紹介しましょう。

今回のサイエンスカフェの共催は、JST-RISTEX「不確実な科学的状況での法的意思決定」プロジェクト 
です。

詳しいことはリンク先にありますとおりです。法律と科学は、関係ないようでいて、実は両方のことを知らないとどうにもならないことが、けっこうあるのです。プロジェクトのサイトの冒頭の文章にもある、

「環境問題など科学技術そのものに関する訴訟、医療事故やえん罪事件など科学技術による証拠が問題となる訴訟」

を見て、「アレもそうなのでは」と、何かしらの例(ニュースで見たことだったり、身近な問題だったりするもの)が浮かぶのではないでしょうか。

プロジェクトでは、専門家による研究だけでなく、2010年から「法と科学の哲学カフェ」として、サイエンスカフェも継続して開いてきました。下にちょっとまとめてみましょう。抽象的なタイトルもありますが、思いつくようなことが話されてきたところもあるでしょうか。

2010.12.19(東京)法と科学の哲学カフェ「合理性の衝突」
2011.12.2(京都)法哲学若手漫談「たかじんのScience at the Bar」
2012.3.30(東京)科学論の「第三の波」と法哲学
2012.4.22(千葉)震災後の科学コミュニケーションにみる「事実」と「価値」
2012.6.10(大分)科学は安全を保証するか、法は安全を保証するか
2012.8.26(東京)国際シンポジウム「科学の不定性と社会~いま,法廷では..?~」アフターカフェ
2012.10.07(千葉)千葉県の工業地帯とそれを取り巻く環境

2012.12.3(仙台)災害、プライバシー、法
2013.2.2(つくば)法と医療の不確実性
2013.2.16(札幌)正義,科学,そして幸福について

詳しい告知や報告などは、こちらの終了したイベントにまとまっております。

プロジェクトのメンバーが所属する常磐大学があるのが、水戸市です。メンバーから、「常磐大学のある水戸でやらないというのは、ありえないでしょう?」みたいな話を受けたのが昨年の夏前頃だったでしょうか…。

何だかんだありつつ、ようやく3月の開催日を設定することができました。

水戸のテーマは、「震災後」です。あまり具体的ではないかもしれませんが、震災後に出てきた気になること、
「科学なら答えが出るのではないか」
「法でなんとかならんものか」
と、同じ物事について思っていたりはしないでしょうか?

サイエンスカフェ当日は、是非、そのようなお話を、私たちにお聞かせください。

まだまだ、お申し込みをお待ちしております。
[PR]
# by cafesci_mito | 2013-02-19 18:14 | 第3回 法と科学