サイエンスカフェ水戸

cafemito.exblog.jp

茨城県水戸市のサイエンスカフェです

ブログトップ

カテゴリ:サイエンスアゴラ2012( 6 )

11/10(土)、サイエンスアゴラ2012会場にての、サイエンスカフェ水戸の企画を、無事に終えることができました。

e0202751_15593317.jpg


10日朝のサイエンスアゴラ開場から、ちらしも配布もいたしました。参加者数はあまり伸びなかったのですが、茨城県北ジオパークについて、いろいろな意見をお聞きすることができました。

観光やその他で訪れるにしても、茨城県の認知度はやはり低かったです。例えば、

・出張で水戸に来た(でもすぐに帰っちゃう&帰れちゃう)
・温泉を探して行ってみたら、たまたまそこが袋田の滝のところだった

などです。茨城の良さを知ってアピールしている身としては、つい「もったいない!」と言いそうになってしまいますが、そのような感じなのかもしれません。

お話の中で出た意見などをいくつかご紹介します。

・(第1回の水戸でのサイエンスカフェでも出ましたが)名前がわかりにくい!
→ では、何をアピールしたら良いか?
→ 5億年前のが見られるのは茨城だけ!
→ ポスターにも「5億年」の文字の方を大きく書いてみている!

・中核となる施設が欲しい(情報でも、人でも)。現在、大学が先頭でがんばっているなら、大学に(よって)作れないものだろうか?

・子どもに、茨城や地質の魅力を伝えるような活動はできないのか? 子どもから大人への波及効果もあるだろう

ゲストに学生さんをお迎えしたので、「学生がこのような活動することについて、どうなのか?」といった厳しい(?)ツッコミも出ましたが、ハチビスをいただきながら、和やかに進めることができました。


また、今回のサイエンスカフェとは別に、未来館1階の横串フィールドにサイエンスカフェ水戸のこれまでの活動をポスターで展示いたしました。震災を挟んで、前後の活動の変わり様なども見ていただけたかと思います。

さらに、サイエンスカフェのやり方として、お菓子や飲み物にちゃんとこだわり、お店を現地まで呼んでしまうという形を、サイエンスアゴラにて提示することができました。ご協力いただきましたハチバスきくやさんと、今回の提案を受け入れてくださいましたサイエンスアゴラ事務局のみなさま、および、ゲストのお二人に、改めて、感謝申し上げます。ありがとうございました。
[PR]
by cafesci_mito | 2012-11-21 15:57 | サイエンスアゴラ2012
日時:2012年11月10日(土) 15:30-17:00
場所:日本科学未来館7階 交流サロン
   東京都江東区青海2-3-6 (交通案内はこちら
ゲスト:茨城大学地質情報活用プロジェクトより
     小畑大樹さん(茨城大学 修士2年)
     澤畑優理恵さん(茨城大学 4年)

参加費:350円(予定)
定員:20名(定員を超えた場合は、立ち見になります)

※定員20名とは、開場の座席数です。お菓子、飲み物代の実費負担をお願いいたします。それ以上の方は、立ち見となります。その場合、お菓子のご用意はありませんので、参加費無料となります。

申し込み:参加希望される方は、タイトルに「サイエンスカフェ参加希望」とお書きの上、お名前と参加人数をメールでお申し込みください。
cafesci_mito(アットマーク)excite.co.jp

主催:サイエンスカフェ水戸(代表 尾林彩乃)
協力:茨城県北ジオパーク推進委員会
   みつばちきくや(茨城県那珂市)
ブログ:http://cafemito.excite.jp/

サイエンスアゴラ公式サイト内の案内はこちら
[PR]
by cafesci_mito | 2012-11-10 15:30 | サイエンスアゴラ2012
サイエンスアゴラまであと1週間となりました。
参加お申し込み、まだまだお待ちしております!

簡単ですが、ちらしも作成しましたので、画像をアップいたします。

e0202751_15563792.jpg


また、昨日のうちに個人ブログに書きましたが、今回のサイエンスアゴラの移動販売車について、お手伝いもしております。その中の、ハチバスさんのお菓子と飲み物を、サイエンスカフェではご用意いたします。

こちらも、みなさまのご利用を、お待ちしております!
[PR]
by cafesci_mito | 2012-11-03 08:50 | サイエンスアゴラ2012
サイエンスアゴラのサイエンスカフェですが、茨城大学地質情報活用プロジェクトとして2日間のブース出展(未来館1階)をされるみなさまに、ご協力をいただいきました。

そこから、サイエンスカフェにゲストとして来ていただくお二人の方を、ご紹介しましょう。


茨城大学修士2年の小畑大樹さんは、千葉県出身です。

子供の頃から自然に興味があり、天文学志望で大学に入学したものの、実際見て体感できる地質学・火山学に面白さを感じてコース変更、という経歴をお持ちです。現在は、秋田県の火山の岩石をテーマに、修士論文執筆中です。一方で、サイエンスアゴラにも「地質情報活用プロジェクト」として毎年必ず参加しているので、サイエンスアゴラ常連の方は、もしかしたらブースでお話をしたことがあるかもしれません。来年度からは高校の先生として、子供たちに地質の魅力を伝える仕事に就かれる予定です。
 
「首都圏から近くアクセスし易い場所にある茨城県ですが,地形や文化,産業,食物などは,地域毎に様々で,非常に面白いです.実は,このような各地域の多様性は茨城県の多様な地質が作っています.茨城県を巡り,大地の上に成り立つ文化・産業・特産物などを皆様に体験していただきたいです」

とのメッセージをいただいております。


学部4年の澤畑優理恵さんは、地元、茨城県水戸市出身です!

出身高校がSSH(スーパーサイエンスハイスクール)指定校で、茨城県大子町の地質調査をテーマに課題研究を行ったことをきっかけに、大学でも地質の方面に進むことになりました。現在は、茨城県大子町、福島県矢祭町・塙町の地質(つまりは八溝山)について研究中で、大学院への進学が決まっています。
 
茨城県のオススメに「茨城県北ジオパーク」を真っ先に挙げる、地元茨城大好きな澤畑さん。

「茨城県北ジオパークのジオサイトを巡ることで5億年を旅することができ,たくさんの地質・自然・文化資源に触れることができます.ぜひ茨城県北ジオパークに遊びに来てください!」

とのことですので、地元の方ならではの深いお話も聞けるのではないでしょうか。

若いお二人を迎えてのサイエンスカフェになります!
[PR]
by cafesci_mito | 2012-10-29 10:32 | サイエンスアゴラ2012
茨城県北ジオパーク。こちらには、第一回のサイエンスカフェ水戸でもお世話になりました。

今回、東京でのサイエンスアゴラ出展にあたって、地元でなく東京でイベントを企画するのですが、「やっぱり茨城をテーマにしたい」と考えました。

普段、私は、“科学を身近に”というような活動だけでなく、水戸や茨城が(さらに)元気になるためにはどうしたら良いか(例えば、いわゆる市街地活性化とか、観光客を呼ぶとか)考えたり、活動に顔を出してもいます。なので、地域振興もキーワードのジオパークは、科学と地域の活動を結びつける格好の材料なのではないかと、そう感じています。

東京(など)にお住まいの、茨城にとってはお客さんであるみなさんは、茨城のことをどう感じているのでしょうか?

茨城の魅力って、どんなところですか?

「行ってみたい」ところはありますか?

サイエンスアゴラに足を運ぶような科学にわりと関心のあるみなさんは、大地(地質)の魅力がある茨城の自然を、どう思っているのでしょうか?

地元で地元の人と意見交換するのも大事ですが、実は、外の方に聞きたいことがたくさんあるのです。教えて欲しいのです。

私の周辺でも、科学の活動に無関係でも、どうしたら茨城に魅力を感じてもらえるか、どうしたらお客さんに来てもらえるか、試行錯誤している方が何人もいます。

また、ジオパークの活動、インタープリターの養成も盛んになってきました。が、魅力を学んで説明できるようになるだけでなく、どうしたらお客さんに来てもらえるかも、関係者で考えなければなりません。

科学を専門とする人も、みなさまの生の声をお聞きすることができればと、そんなことを考えて企画しました。どうか、私たちを助けるつもりで、サイエンスカフェにご参加いただけたらと、そう思っています。

どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by cafesci_mito | 2012-10-27 17:14 | サイエンスアゴラ2012
随分と間があいてしまいました。

次回、サイエンスカフェ水戸としてのサイエンスカフェは、
東京で開催されますサイエンスアゴラ2012内のイベントとして、開催いたします。

ゲストは、同じくサイエンスアゴラにて、
「茨城大学地質情報活用プロジェクト」として2日間ブース展示を出していらしゃいます、
茨城大学の方にお願いいたしました。

東京にて、東京および近郊にお住まいの方とともに、茨城の魅力を考えましょう。

尚、サイエンスカフェのお菓子は、
茨城のケータリングカー、ハチバスさんに来ていただいて、
ご用意いただく予定です。

茨城に縁がある方も、そうでない方も、是非ご参加ください。

今後、このサイエンスカフェの開催目的などについては、このブログで更新してゆきます。



日時:2012年11月10日(土) 15:30-17:00
場所:日本科学未来館7階 交流サロン
   東京都江東区青海2-3-6 (交通案内はこちら
ゲスト:小畑大樹さん(茨城大学 修士2年)
    澤畑優理恵さん(茨城大学 4年)

参加費:350円(予定)
定員:20名(定員を超えた場合は、立ち見になります)

※定員20名とは、開場の座席数です。お菓子、飲み物代の実費負担をお願いいたします。それ以上の方は、立ち見となります。その場合、お菓子のご用意はありませんので、参加費無料となります。

申し込み:参加希望される方は、タイトルに「サイエンスカフェ参加希望」とお書きの上、お名前と参加人数をメールでお申し込みください。
cafesci_mito(アットマーク)excite.co.jp

主催:サイエンスカフェ水戸(代表 尾林彩乃)
協力:茨城県北ジオパーク推進委員会
   みつばちきくや(茨城県那珂市)
ブログ:http://cafemito.excite.jp/
[PR]
by cafesci_mito | 2012-10-15 16:57 | サイエンスアゴラ2012