サイエンスカフェ水戸

cafemito.exblog.jp

茨城県水戸市のサイエンスカフェです

ブログトップ
昨年度にひきつづいて、ときわサイエンスカフェを行うことになりましたので、お知らせします。

日時 2017年6月、7月、10月、12月、2月  第3土曜 全5回
   10:00から11:30
場所 水戸市常磐市民センター (水戸市西原)
対象 15歳以上(中学生は除く)
定員 30名
参加費 3000円(全5回で。初回に集めます)
申込み 常磐市民センターへ連絡(029-233-7005)
問合せ 常磐市民センター(029-233-7005)
講座担当 尾林彩乃(司会など)

現在のところ、以下のようなラインナップが決まっております。

6/17(土)「噴火予測のいま(仮)」茨城大学准教授 長谷川健さん
7/15(土)「デジタルデータと向き合う~過去と現在を未来へ遺していくために~」常磐大学准教授 町英朋さん

秋以降の予定も、随時お知らせいたします。

4/19の茨城新聞に掲載されましたお知らせ記事を添付します。

e0202751_23470806.png
記事中では21日までとなっておりますが、まだ定員に余裕がありますので、興味ある方は常磐市民センター、または、
cafesci_mito@excite.co.jp
までお問い合わせください。

[PR]
# by cafesci_mito | 2017-04-25 23:49 | ときわサイエンスカフェ
ときわサイエンスカフェ、9月以降のラインナップをお知らせします。


9/17 「出張版素粒子カフェ」 
みけねこサイエンスプロジェクト 泉田賢一




10/15 「イルカは賢い動物か?」 

常磐大学 中原史生



11/19 「野生動物と飼育動物の境界線について考える」 

国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 小泉伸夫



12/17 「けんしんプラネタリウムに行こう!」 

サイエンスカフェ水戸 尾林彩乃


(けんしんプラネタリウムに行きます)

1/21 「理研 STAP騒動について(仮)」 

日本サイエンスコミュニケーション協会 地域連携委員 横山雅俊



2/18 「東京の離島 小笠原、伊豆大島、三宅島」 

サイエンスカフェ水戸 尾林彩乃



3/18 「知っておきたい遺伝子の話:iPS細胞・ゲノム編集・受精卵診断」
常磐大学 花岡龍毅


座席に余裕がありましたら、単発でのご参加もできますが、事前に常磐市民センターまでお問い合わせください。
[PR]
# by cafesci_mito | 2016-09-11 10:28 | ときわサイエンスカフェ
ときわサイエンスカフェですが、市民センターの連続講座となりますので、単発イベントと違うところがあります。

よくある質問をまとめましたので、参考にしていただければと思います。



Q1 10回全て参加しないといけませんか?

A1 連続講座ですので、基本的には10回全てに参加予定ということで、お申し込みをお受けする予定です。


Q2 開講されない可能性はあるのでしょうか?

A2 希望者が10名に満たない場合などは、講座そのものが開講されない場合があります。

→開講されることになりました!(4/26追記)


Q3 1講座だけ参加したいのですが…。

A3 定期講座として開講されていて、かつ、定員30名に満たない場合、1つだけ参加することもできるよう考えております。気になることがありましたら、随時、お問い合わせください。


Q4 飲み物はどんなものがありますか?

A4 コーヒーメーカーでのコーヒーをご用意する予定です(無料)。コーヒーが飲めない方は、事前に担当までお知らせください。


Q5 市民センターの講座だと、他に何か決まりなどはありますか?

A5 定期講座になりますので、受付時にご連絡先をお聞きいたします。何かあった時にお知らせを送らせていただきます。また、コーヒーの用意をしたり、終わった後の部屋の簡単なお掃除、後片付けなどをお願いすることがございます。



 
[PR]
# by cafesci_mito | 2016-04-08 11:50 | ときわサイエンスカフェ

ときわサイエンスカフェ

長らく更新しておりませんでしたが、新しいサイエンスカフェをすることになりましたので、お知らせいたします。

日時 2016年5月〜2017年3月 毎月第3土曜(8月は休み)
   10:00から11:30 (全10回)
場所 水戸市常磐市民センター (水戸市西原)
対象 15歳以上(中学生は除く)
定員 30名
参加費 無料
申込み 4/13(水)から、直接、常磐市民センターへ連絡(029-233-7005)
問合せ 常磐市民センター(029-233-7005)


いわゆる、市民センター(公民館)の定期講座として、サイエンスのものを開講することになりました。

“サイエンスカフェ”と名前にあるので、簡単ですがコーヒーもご用意しますし、質疑応答、お話できる時間をできるだけたくさん取りたいと思っております。

現在のところ、以下のようなラインナップが決まっております。

5/21 「サイエンスカフェって何?」「星のお話」 尾林彩乃 (※開講式も行います)
6/18 「太陽が風邪をひいたら地球はどうなるの?」 野澤恵(茨城大学)
7/16 「海を測る ―その意義、目的、方法、限界ー」 市川洋(元海洋研究開発機構)

9月以降も、随時お知らせいたします。



水戸市広報 2016年4月1日号より(pdfファイル)




センターや近隣施設に置いていただいているちらしです。
e0202751_8584661.jpg

[PR]
# by cafesci_mito | 2016-04-07 08:59 | ときわサイエンスカフェ

第4回 ご報告

9/8(日)、サイエンスカフェ水戸、4回目となる、ベリーボタンさんでのサイエンスカフェを行うことができました。

e0202751_1085478.jpg


適当な写真がなくてスミマセン。開始前に壁に試写した時の写真だけです。カメラを持って行くのを忘れました!

お昼前の第1部は、秋の星座のお話でした。定番ですね。今年の中秋の名月は9/19です。

午後の第2部では、「水戸と天文」というおおざっぱなタイトルのもと、水戸における天文というキーワードで紹介できるものをとりとめもなく並べていった、みたいな話になりました。水戸市にある(あった)天文関係の施設(プラネタリウムなど)から始まって、茨城大学での天文学の研究について、そして、水戸市移動天文車まで。紹介した中に、「これについてもうちょっと詳しく知りたいな」と思うものが一つ二つくらいあったのではないでしょうか。

ベースは雑貨屋さんのイベントなので、私のようなスタイルがこういうイベントに出てくるのは珍しかったようです。参加されたみなさん(各回とも10人ちょっとくらい)、「こんなの初めて聞いた!」とか、そういうふうに思ってくださったようです。感想や印象に残った点は違っても、
それぞれ何か持ち帰ってもらえればいいかな、と、そんな気持ちです。

サイエンスカフェの後に、バンドの演奏がありました(三日月窃盗団)。メンバーの方が、私の話を聞いてくださったので、持ち歌の中から星の歌を選んでたくさん歌ってくださいました。特に事前の打ち合わせも何もなかったので(初めてお会いしました)、こういう展開はとても嬉しかったです。

当日の内容や写真(雰囲気)は、ベリーボタンさんのブログへどうぞ。
http://ameblo.jp/kazue-s/
たくさん投稿されてるので、記事をさかのぼってみてください。

例えば、演奏を聞くみなさんは、こんな感じでした。
[PR]
# by cafesci_mito | 2013-09-12 10:27 | 第4回 ベリーボタン