サイエンスカフェ水戸

cafemito.exblog.jp

茨城県水戸市のサイエンスカフェです

ブログトップ

法と科学の哲学カフェ、やります

第3回サイエンスカフェ水戸
法と科学の哲学カフェin水戸
「震災後のあれこれ、科学や法でどうにかできる?」

日時:2013年3月2日(土) 15:00-17:00
場所:まちなか情報交流センター
   水戸市南町2-6-12 三栄ビル1F
   (アクセスは、こちら
ゲスト(順不同、敬称略):
   吉良貴之(常磐大学、法哲学)
   蓮井誠一郎(茨城大学、「やっかいな放射線と向き合う」茨城大有志の会)

参加費:350円(飲み物、お菓子代)
定員:20名

申し込み:参加希望される方は、タイトルに「サイエンスカフェ参加希望」とお書きの上、お名前と参加人数をメールでお申し込みください。
cafesci_mito(アットマーク)excite.co.jp

または、こくちーずのサイト
http://kokucheese.com/event/index/76762/
からのお申し込みも可能です。

主催:サイエンスカフェ水戸(代表 尾林彩乃)
共催:JST-RISTEX「不確実な科学的状況での法的意思決定」プロジェクト


  震災から2年。水戸市でも、いろいろな問題が浮かび上がってきました。


  地震、放射能、壊れてしまった建物、跡地利用や街づくり…。

  そういった問題に、科学や法は何ができるでしょうか?
  なんとかできるなら、みな協力してやりたいですよね。

    「やっかいな放射線と向き合う」蓮井さんの活動の苦労に、
    法と正義の研究者、吉良さんがアドバイス?

  みなさんともご一緒に、法と科学について語り合ってみたいと思います。
  ご参加をお待ちしております。

--------------------


ようやく次のサイエンスカフェのご案内まで、こぎつけました。

これまで、JST-RISTEX「不確実な科学的状況での法的意思決定」プロジェクト 
が関係する、

「法と科学の哲学カフェ」

というシリーズのサイエンスカフェが、全国各地で開かれてきました。直近では、2/2につくばにて開かれ、また、今後、2/16に札幌での予定があります。

このプロジェクトメンバーでもあり、「法と科学の哲学カフェ」シリーズでは毎回のように登壇されている方が、水戸市にあります常磐大学の方なのです。

ならば水戸でもやりましょう、という話をサイエンスカフェ水戸メンバーと何ヶ月してきたことか…。

「法と科学」。

関係ないようでいて、実は関係があるらしいこの2つ。震災後の気になること、いろいろと例に出しながら、お話してみませんか?

詳しい内容については、随時このブログでご紹介してゆきますので、よろしくお願いいたします。

この日は、水戸の梅まつり期間中でもあります。みなさまのご参加をお待ちしております。
[PR]
by cafesci_mito | 2013-02-04 23:00 | 第3回 法と科学