サイエンスカフェ水戸

cafemito.exblog.jp

茨城県水戸市のサイエンスカフェです

ブログトップ

別企画 「コミュニケーターと『もっとわかる放射能・放射線』を読もう」

来週になりますが、従来のゲストを呼ぶサイエンスカフェではない、別企画を考えました。
その告知です。


○コミュニケーターと「もっとわかる放射能・放射線」を読もう

日時 :2011年5月13日(金) 10:30~12:00
場所 :Cafe&Gallery Gurunpa(ぐるんぱ)
    水戸市水府町1502
テーマ:「コミュニケーターと『もっとわかる放射能・放射線』を読もう」
ファシリテーター:尾林彩乃(サイエンスカフェ水戸発起人、科学技術コミュニケーター)
料金 :600円(飲み物、資料代)
申込み:要
定員:20名
申込方法:cafesci_mito(アットマーク)excite.co.jpまでメールにて、お名前と連絡先(メールアドレス)を明記の上、お申し込み下さい
主催 :サイエンスカフェ水戸
テキスト「もっとわかる放射能・放射線」
http://costep.hucc.hokudai.ac.jp/costep/news/article/121/

※ 小さいお子様連れの参加も可能です。

※5/12、定員に達しましたのでお申し込みを締め切りました。ありがとうございました。

--------------------

福島での原子力発電所の事故以来、放射能や、放射能の人体への影響に関する様々な情報飛び交っておりますが、正直、「用語の基本的なことさえよくわからない」と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

本来ならば、サイエンスカフェとして、放射能等に詳しい専門家の方をお呼びして飲み物片手に自由に質問できる場を開催したいところです。しかし、専門家の方は通常業務に加え、実態調査等にお忙しいことと
思われます。

そこで、北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニットCoSTEPが4月に緊急出版しました電子書籍、
「もっとわかる放射能・放射線」
http://costep.hucc.hokudai.ac.jp/costep/news/article/121/
を頼りに、科学技術コミュニケーターとともに読むことで、少しでも疑問の解決になればと思いました。

また、報道等にあまり出ない茨城県水戸市では、放射能については一体どのような状況になっているのかについても、できる限り私の方で情報収集してご紹介したいと思います。

平日午前開催ということで、メインのターゲットは主婦の方になります。

参加費のうち、飲み物、会場費、資料代を引いた差額は、
ハチバス基金(イバラキの港を救え!)
http://38kikuya.com/kikin.html
に寄付したいと思っております。ご了承下さい。
ハチバスさんには、第2回サイエンスカフェ水戸(震災のため延期)の飲み物とお菓子の提供をお願いしておりました。

この放射能に関する企画は今回に限ったものではありません。
リクエストがあれば、日や時間帯を変えて行いたいと思います。
また、もちろん、専門家の方をお招きした機会も作りたいと考えています。
[PR]
by cafesci_mito | 2011-05-06 23:00 | 放射能・放射線